FCP

>【FCPX】10.0.3レビュー(3)XMLな連携をいろいろ試す(追記あり)
2012年2月5日

>

 FCPX 10.0.3では、XMLもバージョンアップでXML 1.1となりました。
今までほとんどトラック分けできるEDLか!と突っ込みたくなるほど他ソフトへ受け渡せる中身が少なかったところから
○色補正データをDaVinci Resolveなどのプライマリのグレーディング情報へ
○オーディオキーフレーム・エフェクトパラメータ・透明度・拡大縮小などのデータ
とデータを他ソフトへ受け渡せるようになりました。
サードパーティソフトはDaVinci ResolveやCatDV、Project X₂7などが以前から対応していました。

10.0.3へのアップデート後のAppleのサイトでは、Project X₂7改め「Xto7 for Final Cut Pro(以下Xto7)」のメーカーAssisted Editingが新たにリリースした「7toX for Final Cut Pro」を紹介しています。
これつまり、このソフトで800円で、FCP7からFCPXへプロジェクト引き継いでね!っていうAppleからの公式な発表と受け取っちゃいますよね。もうそこんところは開発しないからな!みたいな。

で、僕は、もともと「Project X₂7」を使ってたんですが、AppStoreでXto7リリース後、メーカーサイトからProject X₂7」がなくなっちゃったんですね。
実は、社内の環境等々ありまして、10.0.3インストール直前にOSクリーンインストールした僕は大混乱!え、もう一度買えってこと????


で、よーくみたら、まだありました。
メーカーサイトのダウンロードのところにひっそりと。ダウンロードしてみると
ん?アイコンが「Xto7」と一緒だわ。
で、バージョンも一緒。
同じやつかな。

ということで、いったんは満足ですが、次のアップデートはどうなるんだろう。
つたない英語で質問してみようかなと。。。

で、試してみました、というか前から使っていますが、特に今のところ大きな問題はなく、FCPXでのタイムラインがFCP7に再現されます。複合クリップやオーディションなど、FCPX特有の機能も、単一クリップとして引き渡されるので、まぁ、ファイナライズしとけばいいかと。

そして、ものは試しで、「7toX」も買ってみました。
こちらはちょっとまだまだかな。一応、ちゃんと移せるものの、テロップをPNGファイルで乗っけているシーケンスはもってけませんでした。
こんなエラーではねられた。

ただし、ちょっとクセがあるですね。
FCP7のプロジェクトをブラウザにフォーカスされている状態でXMLを出力して、
変換、その後、FCPXに読ませるわけですが、
こいつをXML出力したら
読み込んだシーケンスは、シーケンスにならずに複合クリップになるんです。

こうなった

しかも、プロジェクトではなく、イベントライブラリに。

それに気づくまでに、若干悩みました。
FCP7でのネストシーケンスと同じ扱いと考えましょう。

で、はたと気づいた。

もしかして、複合クリップ(コンパウンドクリップ)を今までのシーケンスのように使えばいいのか!と。
これなら、ある特定のクリップの特定の部分やあるシーケンス(FCPXでは複合クリップ)をネストした状態でCompressor経由でも書き出せる。と。
ふむふむ。ちょっといろいろ試してみよっと。

そして、Twitterでフォローしくれた会社さんが新しいソフトを出すようです。
サイトを読む限り、FCPXMLを直接ProToolsで読めるAAFにしてくれるソフトみたいですね。2月中にはAppStoreで$99でリリース開始らしいです。リリース直後は$69らしいです。
ん?高くねぇか?
Xto7ですら$49(4,300円)なのに$69(6,300円)か。
もともとFinal Cut Studioを持っているか否か、で高くも安くも感じちゃいますね。
FCPXのオーディオトラックの扱いが独自すぎて、ProToolsに渡す前に整理したい、自分としては、「Xto7」でFCP7で開く方がいいかなと思いますが、現状FCP7を持っていないこれからの新規ユーザーには手っ取り早くてオススメかなと思います。
リリース後の動向が気になります。
そして、大御所、Blackmagic DesignのDaVinci Resolveはまだだめっす!
現状の最新版が8.2ベータでも読もうとするけど、
こんな警告がでるのに、実際は読み込めません!

BMDさんには情報を提供したので、きっとアップデート後の対応だろうな、と。
ここから追記
2012.2.4にリリースされた8.2ベータ3で対応したようです。
色補正データの受け渡しOK。拡大縮小は限定的(キーフレームアニメーションは無視)のよう。詳しくは別ページでそのうち。
ここまで追記
今まで孤高の存在だったFCPXがだんだんと仲間を増やしていて、うれしい限りです。
もっともっといろんなソフトが仲良くしてくれたらいいのにね。
次は、Adobeさんが買収してしまったAutomaticDuck開発者が、Adobe名義でAfterEffectsなんかでがんばってくれることを願います。

【PR】AppStoreへのリンクです!
7toX for Final Cut Pro (FCP7のプロジェクトをFCPXへ)
Xto7 for Final Cut Pro (FCPXのプロジェクトをFCP7へ)

>【FCPX】10.0.3レビュー(2)外部ビデオ(BMD編)追記あり
2012年2月3日

>
AJAに遅れること半日あまり、Blackmagic Designもドライバーアップデートしてきました!
開発がアジアだから時差?

こちらからDesktop Video 9.2がダウンロードできるようです。

いや、しました。
でも超絶な落とし穴あるので要注意!!!

で、早速インストール。

マシンはMac Pro4,1&DeckLink HD Extreame3D

おお、普通に出たー!ひとまずDVな4:3のプロジェクトが開いていました。
ちゃんと、720*486の29.97だ。
AJAでも思ったけど、bit深度の選択はないのね。720*480から720*486へのスケーリングは自動なのかな。

で次に先ほどのAJA編でも開いた、1080/23.976pのProRes(HQ)です。

ん?FCPX再起動。
あれ、ビデオアウトNTSCのまま。
まぁFCPX側に切り替えるとこないしな。
でも「システム環境設定」の「Blackmagic Design」にも特に切り替えるところなし。
悩むこと30分。

なんと、「システム環境設定」を英語モードで起動したら現れた!!!!

つまるところ、「Desktop Video 9.2β版」と「FCPX 10.0.3」の場合、AJA編よりもさらにややこしい。
まずは作業のフォーマットを思い出すもしくは決める。
「システム環境設定」の「言語とテキスト」で「言語」タブで日本語の上に「English」を持ってくる。
「システム環境設定」を再起動。
でやっと上の選択画面が現れるのです。


もうわかりにくすぎ。
念のためBlackmagic Designさんに報告メールは出しておきました。
Resolveもローカライズ問題あったからね。
で、気を取り直して、FCPX起動!
はい無事に1080/23.976pで出力されました!!!!
昼間とは違う編集室でやったので、すなおに1080/23.976pで出力OK。シンクもきてるみたい。FCPX側のビューワとの遅延も1フレーム程度っぽい。
で意地悪に2:3プルダウンの刑!
システム環境設定で1080i 59.94を選んで、FCPXで23.976pの出力シーケンス。。。
メタメタでした(T_T)
FCPX側は普通に再生している風ですが、SDIアウトはカックカクの悲惨な映像秒4コマ?的な。あきらかに変換処理が追いついていない。
FCP7の場合はFCP7側の出力項目に「23.976→59.94」的な選択肢があることを考えると、これはドライバ側の対応待ちですね。
ここから追記
そして、しばらく使ってみて。
再生を停止するとブラックアウトする。でもスキミングすれば画は出る。
ここはAJAさんはちゃんと出画しっぱなしなのですね。
なので合成作業とかは微妙な状況。
その後、720/30pなプロジェクトを開き再生しようとしましたが、
「システム環境設定」側では720/59.94
そりゃそうだ、でも、素材は60pではなく、P2収録の720/30p
案の定、上記の2:3と同じでメタメタ。どうやらBMDのドライバは出力信号とシーケンスの設定が厳密に合っていないとダメみたい。
ここまで追記
ということで、わかりやすさと、機能面でAJAに軍配が。。。
まぁ、まだベータなんでwww。
それと、これはFCPX側の問題ですが、FCP7時代、自分は「コマンドキー + F12」で外部ビデオのオンオフを切り替えられるのが結構便利でよく使っていました。
お客さんを背負って編集するときに、操作を隠すためにね(爆)
ですが、FCPXの「A/V出力」のオンオフ設定にはショートカットが割り当てられていません。
しかも、カスタマイズでもこの機能は割り当てられないのです。
これは次のアップデートで是非とも。。。。
まとめ、
2012,2,1 21:00現在(日本時間ね)
○AJA KONA 3&3G,LHe Plus,LHi,ioXT
○BMD UltraStudio, DeckLink, Multibridge and Intensity
(DeckLinkの対応世代は不明)
○martox 情報なし
です。

【FCPX】10.0.3レビュー(2)外部ビデオ(BMD編)
2012年2月1日

 

AJAに遅れること半日あまり、Blackmagic Designもドライバーアップデートしてきました!
開発がアジアだから時差?

こちらからDesktop Video 9.2がダウンロードできるようです。

いや、しました。
でも超絶な落とし穴あるので要注意!!!

で、早速インストール。

この投稿の続きを読む »

>【FCPX】10.0.3レビュー(1)外部ビデオ
2012年2月1日

>

PCIeやThunderbolt接続デバイスのブロードキャストモニタリング。
長いっすね。
ヘルプ上でも「外部ビデオモニタを表示」もしくは「A/V出力」なので、めんどいんで外部ビデオで。

Appleのアップデートのリリースノートでも「ベータ版」といってますので、ご利用は自己責任で。でもベータ版の機能搭載っての不思議よね。普通、入ってるベータ版と入ってない通常版な気が。。。

気を取り直してテストテスト。

現状、社内で使っているマシンは4台のMacProがメイン。
構成的には
1)MacPro 4,1&BMD DeckLink HD Extreme 3D
2)MacPro 4,1&AJA KONA 3
3)MacPro 4,1&AJA io Express
4)MacPro 2,1&BMD DeckLink SDI
となっとります。

で、あたりまえですが、Appleさんが対応したからといってそのまま使えるのではなく、
各ボード&アダプタのドライバも更新されないとです。
で、現状更新されているのは、かってに自分で確認したところ、
2012,2,1 16:00現在(日本時間ね)
○AJA KONA 3&3G,LHe Plus,LHi,ioXT
Version 10.2 X Beta for use with Final Cut Pro X (10.0.3)」で対応
○BMD 情報なし(1/31付けDesktop Video9.1ではNG)
○martox 情報なし
です。

さすがAJAさん対応速い!!
ちょっと微妙なのが、io Express,io HDとKONA LHeが除外なところ
LHeはまぁ、LHe PlusとLHiが出て、世代交代済みとはいえ
io ExpressがComing soonなのが。。。。
どうやらFrame Bufferがないことで問題らしいですね。
AVID MC5.5目当てで買った人多いと思うんだけどな。

BMDさんは、遅い!いつもだけどね。
まぁ、おいおいですね。

ということで、現状できるのは2番目の子
AJAのサイトから、対応ドライバをダウンロード。
わざわざ「FCP_X_and_AJA.pdf」なるPDFまでご丁寧に。
一応転載はだめってことっぽいので(てかめんどい)ので

で、読んでみると、、、なになに。
「AJA Control Panel」で出力形式を選択して
システム環境設定のサウンドの出力をKONA 3にしろと。
でFCPXを起動せよとな。

それだけ。えぇそれだけです。
まぁテープがからむ読み書きがない訳ですからそんなもんか。

はい。
やってみて、FCPX起動。

すると、ドライバ更新前は、

こんなつれない表示だった環境設定の「A/V出力」が

ってなって、
んでもって

メニューバーから「ウィンドウ」「A/V出力」
を選べば見事、SDIから映像と音声が出力されました!!!!

手始めに、用意したのが昨年関わった短編映画のプロジェクト
1080/23.976pのProRes(HQ)の本編。
ストレージは新参者なハイエンドNAS「SPACE 16TB」(こいつについては落ち着いたら書きます)

はい何の問題もなく普通に。。。。
出ない!!!!!!!!

はい、悪いの僕です。キャプは29.97になってますが、最初23.976psfにしたんですが、モニタ側が受け付けないの忘れてました!。
で、キャプの通り、29.97にしてみると、

普通に出ました!
はい、ついでに書いときますが、今回のドライバと10.2ベータとFCPX10.0.3(ややこしいぞなんか)の組み合わせですと、FCPX起動前にAJA Control Panel側で決めとく設定しないとであります。
まぁ、今後使うのは1080/60i,24pかNTSCくらいだろうからそう考えないけどね。
あと重要のはうちら映画系だけかな、2:3プルダウンが必要なときは、あえて、AJA Control PanelとFCPXのシーケンスの設定のフレームが違うのを選んでね、ってことみたいです。
で、使ってみた感じですが、割と普通。
なぜか、2:3プルダウンかかっている状態だと、KONA3からの出画の方が数フレ速い。
(10フレくらい?)
29.97を29.97だと気になりませんでした。
この後、29.97のAVCHD素材をネイティブでやってみましたが、多少、FCPX上の再生がひっかかるけど、SDIアウトはコマ落ちなしでした。
そいで、SDIアウトトFCPXのビューワもほぼ遅延なし。
やるじゃんApple!
まだまだ1440*1080ときとか、10bitと8bitの違いとか
画音のシンクとかとかいろいろ気になる部分はありますが、
ひとまずは使い物になりそうです。
起動時にノイズがでるのは微妙ですが。。。それは仕方ないのかな。
また、詳しく判明次第レポートします。
BMDもドライバが公開され次第、追ってやります。
てか個人的にはこっちが本命。

>【FCPX】10.0.3レビュー(1)外部ビデオ(AJA編)
2012年2月1日

>

PCIeやThunderbolt接続デバイスのブロードキャストモニタリング。
長いっすね。
ヘルプ上でも「外部ビデオモニタを表示」もしくは「A/V出力」なので、めんどいんで外部ビデオで。

Appleのアップデートのリリースノートでも「ベータ版」といってますので、ご利用は自己責任で。でもベータ版の機能搭載っての不思議よね。普通、入ってるベータ版と入ってない通常版な気が。。。

気を取り直してテストテスト。

現状、社内で使っているマシンは4台のMacProがメイン。
構成的には
1)MacPro 4,1&BMD DeckLink HD Extreme 3D
2)MacPro 4,1&AJA KONA 3
3)MacPro 4,1&AJA io Express
4)MacPro 2,1&BMD DeckLink SDI
となっとります。

で、あたりまえですが、Appleさんが対応したからといってそのまま使えるのではなく、
各ボード&アダプタのドライバも更新されないとです。
で、現状更新されているのは、かってに自分で確認したところ、
2012,2,1 16:00現在(日本時間ね)
○AJA KONA 3&3G,LHe Plus,LHi,ioXT
Version 10.2 X Beta for use with Final Cut Pro X (10.0.3)」で対応
○BMD 情報なし(1/31付けDesktop Video9.1ではNG)
○martox 情報なし
です。

さすがAJAさん対応速い!!
ちょっと微妙なのが、io Express,io HDとKONA LHeが除外なところ
LHeはまぁ、LHe PlusとLHiが出て、世代交代済みとはいえ
io ExpressがComing soonなのが。。。。
どうやらFrame Bufferがないことで問題らしいですね。
AVID MC5.5目当てで買った人多いと思うんだけどな。

BMDさんは、遅い!いつもだけどね。
まぁ、おいおいですね。

ということで、現状できるのは2番目の子
AJAのサイトから、対応ドライバをダウンロード。
わざわざ「FCP_X_and_AJA.pdf」なるPDFまでご丁寧に。
一応転載はだめってことっぽいので(てかめんどい)ので

で、読んでみると、、、なになに。
「AJA Control Panel」で出力形式を選択して
システム環境設定のサウンドの出力をKONA 3にしろと。
でFCPXを起動せよとな。

それだけ。えぇそれだけです。
まぁテープがからむ読み書きがない訳ですからそんなもんか。

はい。
やってみて、FCPX起動。

すると、ドライバ更新前は、

こんなつれない表示だった環境設定の「A/V出力」が

ってなって、
んでもって

メニューバーから「ウィンドウ」「A/V出力」
を選べば見事、SDIから映像と音声が出力されました!!!!

手始めに、用意したのが昨年関わった短編映画のプロジェクト
1080/23.976pのProRes(HQ)の本編。
ストレージは新参者なハイエンドNAS「SPACE 16TB」(こいつについては落ち着いたら書きます)

はい何の問題もなく普通に。。。。
出ない!!!!!!!!

はい、悪いの僕です。キャプは29.97になってますが、最初23.976psfにしたんですが、モニタ側が受け付けないの忘れてました!。
で、キャプの通り、29.97にしてみると、

普通に出ました!
はい、ついでに書いときますが、今回のドライバと10.2ベータとFCPX10.0.3(ややこしいぞなんか)の組み合わせですと、FCPX起動前にAJA Control Panel側で決めとく設定しないとであります。
まぁ、今後使うのは1080/60i,24pかNTSCくらいだろうからそう考えないけどね。
あと重要のはうちら映画系だけかな、2:3プルダウンが必要なときは、あえて、AJA Control PanelとFCPXのシーケンスの設定のフレームが違うのを選んでね、ってことみたいです。
で、使ってみた感じですが、割と普通。
なぜか、2:3プルダウンかかっている状態だと、KONA3からの出画の方が数フレ速い。
(10フレくらい?)
29.97を29.97だと気になりませんでした。
この後、29.97のAVCHD素材をネイティブでやってみましたが、多少、FCPX上の再生がひっかかるけど、SDIアウトはコマ落ちなしでした。
そいで、SDIアウトトFCPXのビューワもほぼ遅延なし。
やるじゃんApple!
まだまだ1440*1080ときとか、10bitと8bitの違いとか
画音のシンクとかとかいろいろ気になる部分はありますが、
ひとまずは使い物になりそうです。
起動時にノイズがでるのは微妙ですが。。。それは仕方ないのかな。
あ、それと一部の方の期待を裏切り、SDI出力にのるRP-188のLTCは出ません。
すくなくとも、HDW-M2000ではFCP7のSDIアウトは認識しましたが、FCPXのSDIアウトは認識してませんでした。
残念。
また、詳しく判明次第レポートします。
BMDもドライバが公開され次第、追ってやります。
てか個人的にはこっちが本命。